Yuura Doh Diary

-藤田みずきの日記だよ…多分-

スポンサーサイト

訓練されたヲタの突撃!自分で何かを作り出す人のキラキラ(遠い目)

またまた知り合いの舞台行ってきましたシリーズ。
今週も2本です。



皆様お疲れ様です。とっても楽しませていただきました!!

さてはて、れっつらごー


1本目。
MB3―theaty Reading Live vol.1
『FIRE WORKS』

同期がプロになって再結集!!
というなんとも羨ましいステージでした。
かつて出させていただいた劇団命~みこと~でお世話になった(今後もなる予定…ふふ)主宰と役者さんが出てらっしゃるので観てきたんですが、実は生スラーンこと小林裕介さんのお芝居が聞きたかったというのもありw

高校生のピュアラブを甘酸っぱく面白くテンポよく♪
自分たちで本も作って、相談しながら作り上げられたそうです。
大変でも、凄く楽しんで作られたのではないでしょうか?なんかそんな感じがした。

みなさん声優さんで、朗読劇だったんですけど、最近の芝居の中で一番純粋に楽しめたんじゃないかしら♪
なんかもうキュンキュンしっぱなしで!!ほら僕乙女脳だから!!!(え)
目を瞑って聞いてた箇所もあるんですけど、脳内に情景が広がる感じが…好き。
喋りとか声で面白く魅せるのが、好き。
やっぱ性に合うんだろうなー、声のお芝居が。好き。
声の説得力ぱねーっす!あと技術すげー!好き。

2本で終わってしまったのがもったいないよ~(>_<)
またやらないかなぁ☆

走るメロン!!千田ぁぁぁぁぁぁ!!!!




2本目。
劇団チキンハートP公演
『いつくしみふかき』

1期下の雄君の劇団さんのプロデュース公演。
雄君初の作演出だそうで、これは是非観なければっ、と。

僕も歌い慣れた「いつくしみふかき」
プロテスタント式のお葬式が舞台で、1人の男性が亡くなって、残された家族のてんやわんや。
とにかく色んなことをリアルに描いてていいなぁ~と思ったのですよ…

めっちゃ細かい話ですが、祈りの一節にしても、賛美歌にしても。
故人を○○兄弟と呼ぶのとか。(生きてても兄弟姉妹って呼ぶけどね)
知らない人には知らんこっちゃな話でも、同じく父を教会で見送った僕としては、なんか嬉しかった(笑)

ま、そこは主軸じゃないけどさ(^_^;)

物語も、観てる内に、あぁ!って何度もなって。
痒いところに手が届くお話でした。
決して明るい話ではなかったけど、面白かったし、なんか考えちゃった。
お父さん、カッコよかった。。。親父とちゃんと話したくなった。
やっぱり、不完全燃焼の物語は観終わって悶々とするものね。スッキリ。

まぁ、こういう物語を描きたかったら、別の表現だって幾らでもあると思うのですよ。
それはどの舞台にも感じるんだけど、中身の必然性を表すのはとっても大変だと思うのです。
でもこの『いつくしみふかき』は、作った人の「想い」なんだな…って根っこが伝わってくる…
それがこの作品の必然の部分なんだな~って。僕はそう思ったのだ。。。。

知らないことも勉強して描くのが芝居だけど、体験を上回る説得力は無いな…と改めて。
雄君、素敵な作品を観せていただいて有難うm(_ _)m

8/10まで阿佐ヶ谷で公演されてます。
楽日まで事故なく頑張ってくだしゃい( ̄^ ̄)ゞ


劇団チキンハート:http://www.g-chikenheart.net/









関連記事

  観劇,

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。