Yuura Doh Diary

-藤田みずきの日記だよ…多分-

訓練されたヲタの妖精との出会い

やっほ、俺だよ、俺。
お馴染み観劇日記@宝塚。長いよ(=゚ω゚)ノ

IMG_3714.jpg

観てきたぉパック(≧∇≦)
大好きな作品の再演。
贔屓だったよっちゃんこと麻乃佳世様の大好きなハーミアを憧れの眼差しで見ていた、ちっちゃい頃の思い出の作品。

シェイクスピアの「夏の夜の夢」がベースの妖精いっぱい夢いっぱい、宝塚らしい暖かいお話。

大人の事情的な何かなのか、メインの数曲以外は歌詞は変わらず別メロディーみたいになってたけど、懐かしい気持ちで観れました。
あ、パックが帰ってきた!的な。
再演するならベストの布陣だったんじゃないかなと思います。今の月組。

ただ、大人になった今観ても、物語に対する感想が、当時感じた事と差異ないのに驚きました。
本当に”見たまま”の素直な作品なのか、僕が足りてないのか。難しいな。

しかし別の作品でも思うことですが、初演のインパクトってか、最初に見た物の印象って凄いんだなと。
オペラ座しかりエリザしかり。
頭で副音声が流れて大変でした(>_<)
でも演者もそれが分かってると思うし、観る側もそれを楽しめていれば、やはり名作だと思うのですよ。
あー楽しかった。気持ちは小学2年生(だっけ?)です。

そーいえば遠〜い昔、夏夜をやった時には僕はヘレナでしたが、シェイクスピアって長台詞多くて(笑)
社長の感想が「よく覚えたわね」だったのが印象的でした。
よっちゃんのイメージが強すぎて、ハーミアにならずに済んでホッとしたのもいい思い出ww

あ、レビューの方は、今回久々にB席だったのもあり、上から見た際の陣形の美しさに感動しました。
特にラスト前のブルーの渦の美しいこと。
どこから見ても楽しませてくれるとかマジ宝塚!
雪組もB席なので、楽しみです(≧∇≦)

さて、牛丼食って帰るべ。
関連記事

  宝塚, 観劇,

0 Comments

Add your comment