Yuura Doh Diary

-藤田みずきの日記だよ…多分-

訓練されたヲタは宝塚に入りたかったんだよ…昔…

たからづかのはなしだよ。(長いよ)

久々にB席なるものをゲットしてウキウキしている藤田です。
宝塚なのに3500円…だと!?(どんだけ後ろの席なんだろワクワク)

月組♪「PUCK」初演観てるから楽しみだなぁ~よっちゃん可愛かったなぁ~ww
とまぁ、未来の話は置いておいて。

先日(だいぶ前ですが)観てきましたぞよ新生花組「エリザベート」!!
ママと友達と僕の3人で。ひゃっほい☆
実は近年再演されているエリザは観ていなくて、最後に観たのは2002年の花組なんですな。意外。

帝劇は一度観たか…でもそれもだいぶ昔で。

久しぶりのトート様との邂逅に心躍り…ってかパーンッ∑(゚Д゚)ってなってたんですけど。
観てやっぱりパーンッ∑(゚Д゚)ってなった(笑)

ってわけで、語るよ(=゚ω゚)ノ(え)

IMG_3713.jpg




*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*


とはいえ、僕が今回のトートを語るにはまだ材料が足りてない。

新トップ『明日海りお』氏のお芝居というのは、細かいというか…大振りでないというか…
オペラグラスで噛り付いて、一挙一動見逃さないようにして、繰り返し見て、改めて「この人すげぇ、マジスゲェ!!!!!!!」って感動の渦に巻き込まれると思うのですよ。
もちろん文句なしに美しいので、舞台上でも目を引くし、「歌すげぇ、マジ綺麗、天使!!(今回は死神ですが)」でも十二分にお腹いっぱい楽しめるけど。

でも、ロミジュリのロミオを見てから、彼女のお芝居をず~っっっと追いかけて見るのが大好きになってしまったのです。
しばらく月組を観なくなっていたのが悔やまれるほどに。(明日海氏は元月組(`_´)ゞ)
眉毛がピクッとか目がパチッとか、全部意味がある…ように見える…ん…だけ…ど……
……どうなんだろう。

ちなみに同じ理由で噛り付いて見てるのが宙トップの『凰稀かなめ』氏。
変幻自在感がぱねぇっす。この方は相手の芝居を“受けとる芝居”が絶品だと思う。
(そういう意味だと明日海氏は逆かな…自家発電っぽい。)

とまぁ、本人がどう考えて演じてるんだか、他の人がどう見てるんだか、まったく知りませんが。
僕は好きなのです。好きなのです。


*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*


宝塚って、本当にいろんな楽しみ方を許してくれる世界だなぁって思う。
歌もダンスも演技もヴィジュアルもモリモリの特大盛りドッカーン。

私も、子供の頃は憧れのお姫様を夢見て、年頃で理想の男性像を追いかけ、この年で芝居が好きで芝居が見たくてずっーーーーーーーと観てる。

最近の僕の舞台観劇の仕方って、すっごく捻くれてるんですよね…
「自分も演じる側なんだ」って意識も多少あるし、良い・悪い、色んなとこ探しながら見ちゃってすっごい疲れるのです。
僕が舞台やってる時に、こんなこと考えてる客がいたら絶対嫌だ。

でも宝塚に限っては、絶対手の届かないものだから。
受験資格無くなった時から、僕はお客さん以外になりようがないので。
好きなところ・良いなって思うところしか目が行かないし、「アレ?」ってなっても結局は安心して応援してるんだよね…

多分、唯一普通に大好きな舞台を楽しめるところなんだと思う。


*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*


蛇足。
あたくし、ヅカファンによくある“若手の頃から目をつける”というのがどうも苦手でして。

大概の人は大きなお役を頂くようになってから「この人良いわ!!」ってなるんですが、やっぱり主役とかメインになると、頭から最後まで演技に“流れ”が生まれるじゃないですか。

観てる芝居の流れに自分の気持ちが乗っかって、初めて流れを作ってる演者の魅力に気づくという…遅っw
「この人好きだなぁ~」って思う頃には皆様相当出世されてます…よよよ

絶対青田刈りとかできないんですわ。

カッコいい!!LOVE!!って追っかけてた頃も御座いましたがね…若かりし頃は(遠い目)


*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*´∀`*


まとめ~。
エリザからだいぶ脱線しましたが。

ママもね。宝塚好きなんですけど(ってか僕がこうなった元凶)。
こういう話ふってもあんまり相手してくれないから、拗ねて書き綴ってみたんだよね…そんだけ。

結論。好きなものは好きだからしょうがない。よし、ぶるーれい買おうっと…
関連記事

  宝塚, 観劇,

0 Comments

Add your comment