Yuura Doh Diary

-藤田みずきの日記だよ…多分-

スポンサーサイト

その繋がりを大切にするべし!

みなさまご機嫌よう。

ぽんだよ!



打ち上げから一晩明け、今日から社会復帰です。えっへん

遅ればせながら、「君に、輝く光の温もりを」無事に幕をおろすことが出来ました。
本当に連日満員御礼で、お断りする方も出ていたり…
みんながみんな自信を持って観せたいと思うお芝居で…
その結果がここにあるのかなと。
本当に素敵な出会いばかりで、この座組で良かった。

あたし今年は芝居に恵まれてる☆




自分の話をするよ。

僕がやった吉田稔麿は、史実は男…なんですが。
長州の志士であり、桂小五郎の恋人であり、最期は池田屋で大切な人の為に散る。
今まで、出会った事のない役でした。
キター無茶ぶりっっ…みたいな。
で、殺陣のはなしは置いといてー(笑)

「わたしは、愛する人を守りたい」

最期の言葉一つに全てをかけるための麿としての二ヶ月でした。
バトン。上手く渡せてたかな。
でもアンケートを読ませて頂いた限り、麿の魂はお客様に伝わっていたんじゃないかな。
そして、禁門の変、土方vs桂、朧、アマツク…と脈々と伝わっていたならば…

本当に今回の舞台は、全員が全員を感じて作って来たんだなぁって。
麿が素敵に見えたなら、それは全員で作った麿だから。
この芝居が、素敵に見えたなら、麿はちゃんと役目を果たせたんだと。
そう思っていいよね…?




殺陣のはなしはまだ置いといてー(笑)

これからも、こうやってお芝居に向き合えたら、幸せだなぁって。オモタヨ☆
しかし今回アンケートの回収率が良かった!
色々嬉しい言葉もいただけた。
正直、芝居なんて好みの問題だから良し悪しはわからない。
でも、お客様にも、楽しんでいただけて自分達も幸せな舞台。
しょっちゅう出会えるものじゃないよきっとね。

もう麿になれないのか…
寂しい。寂し過ぎる。。。。





最後になりましたが、
観にきて下さったお客様…
スタッフの皆様…
新撰組のみんな…
長州のみんな…

そして、初めましてな僕にこんな素敵な役を与えて下さった劇団命~みこと~様…

有難う御座いましたm(_ _)m


麿は僕の財産です!





あ、殺陣はー(笑)
ガンバッタンダヨ♪
関連記事

  劇団命~みこと~, 君に、輝く光の温もりを,

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。