Yuura Doh Diary

-藤田みずきの日記だよ…多分-

も し も 話

※注意:この先、ぽんがうっかり壮大な想像と妄想の結果を偉そうに長々と語りだします…










もしもの話…


某デス●ートがあったとしましょうか…

私が拾ったとしましょうか…

使うor使わない??



A.自分が人間だと思ったら怖くて使えないよ~~~~~(泣)








でも正直な話ね、あの位影響力のあるナニカがあったら、もっと世界は平和なのかもしれないなぁなんて。
法律は世界の秩序とモラルを守る為に作られたルールで、そのルールを破ると裁かれるわけで…

いやね、過去の罪は清算できるのかどうなのかっつーことを考えてみたわけですよ。(吊り革広告見ててね…)
あたしゃね、ぶっちゃけ「清算」というより「改心」できりゃ良いと思う。でも人間ってイメージとか色々持つわけだから、疑われたりレッテルはられたりするわけじゃないのさ。受け入れるしかないのよね。周囲のマイナスな印象も中傷も。人間ってそういうもんだと思うし。生きていくっつー選択肢がある以上仕方ないっていうか、前向きになるしかないというか…自業自得な面もあるわけだし。例えうっかり犯罪に手出して裁かれたとしても。裁かれるのが嫌なら悪いことすな!!とも言えるし。あれ?でも「衝動で~」とか言う場合もあるしな…精神面の話になるとなんか変わってくるしな…(もごもご)

でも実際、本当の意味で「改心」出来ない人間はいるわけだし、法律で心が救われない場合もあるわけで。そうなってくると法律もお手上げというか…人間って複雑なわけで…被害者も加害者も苦しむわけで…




もしもよ。
ナニカを持った『神』が裁くとすれば、そこにあるのは「人間を超越したナニカによって悪は裁かれる(某●スノートなら=死)」っていう簡単明快な方程式なわけだから、ゴタゴタしないような気がするんだけど…

でもそれはあくまで『神』じゃなきゃいけないの。
神になろうとした人間でも、神みたいなものでもなくて、「絶対神」じゃなきゃ駄目なの。
なにがあっても覆らない存在じゃなきゃだと思うの。




でも神様は人間作ったときにそんなことをしなかった。
罪を犯す可能性は作って、それを止めることはしなかったわけで。(ん?ノアの洪水は近いのか??)
むしろ死んだ後で裁こうとしてるわけで…(ちがったっけ?)




ゴタゴタしないですっきりして恐怖で犯罪とかは減るかもしれないけど、要するに生きてる間は生きてる人間同士でどうにかしろってことなのかな…(極論)







某デ●ノートの主人公が失敗したのは、そもそも彼が人間だったからだと思う。




















……とか、台風のためか妙にガラガラだった電車に揺られながら想像してた。。。。。。

因みに、もしもデスノ●トを拾った自分の妄想は飛躍しすぎて自宅付近で強制終了―――
最終的にノートじゃなくなってたし(笑)
関連記事

0 Comments

Add your comment